美容関係に将来進みたい人に

ファッションが好きな人は、将来美容関係の仕事に就きたいと考える人が多いです。美容関係の仕事に就きたい人は、美容に関係する専門学校に行くのがおすすめです。専門学校への進学を希望している人の中でよくある質問を纏めてみました。

美容専門学校に寄せられる疑問・質問

社会人ですが、専門学校に入る資格はありますか?

社会人の方でも入学できます。社会人入試を行っている所も多いです。入試に合格した人は学校に通う事ができます。

ネイリスト志望なのですが、手先が不器用なので不安です。

練習をたくさんすると学校で習った事が身につきます。入学者が全員器用な人ではないので心配しなくても大丈夫ですよ。

アルバイトは可能ですか?

アルバイトをする事は可能です。ですが、授業によりもアルバイトを優先しすぎないようにしましょう。

夢のある職業への憧れ

女性

女性はもちろん、男性の美容熱も高まるばかりで、腕の良い美容師やメイクアップアーティストは芸能人の専属になったり、プロデュース商品を開発したりと、メディアに引っ張りだこです。そんな夢のある職業につきたいと憧れる人は多く、美容専門学校は高い人気を得ています。

就職に有利

メイクアップ

美容専門学校が人気の理由は、基本から応用まで専門的な美容の知識が得られるだけでなく、美容業界との太いパイプにより就職にも有利になるからです。美容師なら有名サロン、メイクアップアーティストならファッションショーや舞台メイクなど、華やかな世界で働くチャンスも広がります。美容専門学校では、現役の美容家や売れっ子メイクアップアーティストによる講義が行われることもあり、生きた知識が得られるのも人気の理由です。

2年間で200万円以上

美容専門学校は一般的に2年制となりますが、費用の相場は200万円から300万円です。専門学校の学費としては高めですが、美容専門学校は実習も多く、機材もたくさん使ううえ、国家試験のカリキュラムが組まれるなど、どうしても高くついてしまいます。これ以外にも、美容師を目指すならハサミや薬剤など、メイクアップアーティストならブラシやコスメなど、別途でかかる費用もあります。そのため、複数の美容専門学校の学費を比較することも大事です。

交通費も考慮する

ただ、美容専門学校の学費に含まれる内容はそれぞれの学校によって異なるため、学費には何が含まれているのか確認しましょう。海外研修のある学校は、学費が高い傾向があります。授業の内容、設備の充実度、研修内容のほか、美容専門学校のロケーションも大事です。いくら学費が安くても遠くて交通費がかさむ学校は、負担が大きくなります。奨学金制度を設けている美容専門学校もあるので、いろいろな学校のパンフレットを集め検討してみると良いでしょう。